メニュー

生活保護を受けるのに、どれくらいの日数が必要ですか? - 生活保護申請のことは岡行政書士事務所

大阪市北区西天満3−5−10 オフィスポート508号室

tel:06-6949-8441

お問い合わせはこちら

生活保護申請サポート

生活保護Q&A

生活保護を受けるのに、どれくらいの日数が必要ですか?

生活保護法には「保護の実施機関は、保護の開始の申請があつたときは、保護の要否、種類、程度及び方法を決定し、申請者に対して書面をもつて、これを通知しなければならない。」「通知は、申請のあつた日から十四日以内にしなければならない。ただし、扶養義務者の資産及び収入の状況の調査に日時を要する場合その他特別な理由がある場合には、これを三十日まで延ばすことができる。」(第二四条)と書かれています。

つまり保護が決まるまでの日数は、原則は「申請日から14日以内」です。しかし実際には30日近くかかる場合がほとんどです。

「申請日」とは、「行政手続法」という法律に「行政庁は、申請がその事務所に到達したときは遅滞なく当該申請の審査を開始しなければならず・・・(第七条)」と書かれているように、申請書が事務所(役所の本庁)に届いた日のことです。

生活保護申請をサポートします!!

全国対応・相談無料どこからでもご相談ください。

  • tel:06-6949-8441
  • ホームページからのお問い合わせ