メニュー

医療費はどうなるのですか? - 生活保護申請のことは岡行政書士事務所

大阪市北区西天満3−5−10 オフィスポート508号室

tel:06-6949-8441

お問い合わせはこちら

生活保護申請サポート

生活保護Q&A

医療費はどうなるのですか?

医療費は、生活保護保護の中の医療扶助として支給されますので、無料です。安心して医療を受け、病気を治して下さい。

 医療費として支出されるのは、診察、薬剤又は治療材料、医学的処置、手術及びその他の治療並びに施術、居宅における療養上の管理及びその療養に伴う世話その他の看護、病院又は診療所への入院及びその療養に伴う世話その他の看護、移送の範囲で、健康保険や国民健康保険と全く同じです。

 医療を受けることができるのは、都道府県知事が指定する医療機関です。指定を受けていない医療機関もあるので注意が必要です。

生活保護法

 医療を受けるには、福祉事務所が発行する「生活保護法医療券・調剤券」(左の例)を医療機関に提出します。

 生活保護を受けると、国民健康保険の被保険者ではなくなるので、保険証を役所に返還します。健康保険は被保険者のままですので、返す必要はありません。

 生活保護の申請が必要な人は、多くの場合、保険料を滞納し、保険証を持っていません。

 生活保護の申請をしても、受給が決まるまでの間は病院に行けないのでしょうか?

 こうした場合、福祉事務所によっては、「生活保護申請中」であることを書いた書類を発行しています。それを病院に持っていけば、無料で診察や治療を受けることのできる病院も存在します。

生活保護申請をサポートします!!

全国対応・相談無料どこからでもご相談ください。

  • tel:06-6949-8441
  • ホームページからのお問い合わせ