メニュー

借金があると生活保護は受けられないのですか? - 生活保護申請のことは岡行政書士事務所

大阪市北区西天満3−5−10 オフィスポート508号室

tel:06-6949-8441

お問い合わせはこちら

生活保護申請サポート

生活保護Q&A

借金があると生活保護は受けられないのですか?

そんなことはありません。よく、(福祉事務所に行くと)「借金があると生活保護は受けられませんと断られた」という苦情が寄せられますが、この説明は全くのウソです。

 当該世帯の収入が最低生活費を下回り、保護に優先して活用すべき資産も無く、援助を要請できる扶養義務者もなく、年金など、他法の活用による自立も困難な場合は、当然保護開始の要件に合致します。

 ただし、「借金の返済で生活が苦しい」というのは、保護開始の要件にはなりません。借金の返済に充てた残りの生活費ではなく、あくまで、収入の総額が最低生活費を下回っていないと、生活保護を受けることはできません。

 また、本来、保護費は最低生活維持のために使うものですから、保護費を借金の返済に使うことはできません。

 当事務所では、借金の額が一定以上の場合は、各地の「法テラス」を紹介し、自己破産等の債務整理を行うことを勧めています。生活保護受給中なら、法律扶助の対象となり、債務整理のための弁護士費用等が立替払いされます。

 また少額の場合や債務整理を望まない場合は、債権者に対し、「作成代理人 行政書士 岡晃敏」の記名・捺印のある「通告書」を作成・送付し、生活保護受給中の返済の猶予又は債務の放棄を求めています。この「通告書」によって、多くの場合、請求が止まっています。ぜひご相談ください。

生活保護申請をサポートします!!

全国対応・相談無料どこからでもご相談ください。

  • tel:06-6949-8441
  • ホームページからのお問い合わせ