メニュー

引っ越しのときはどんな費用が支給されるのですか? - 生活保護申請のことは岡行政書士事務所

大阪市北区西天満3−5−10 オフィスポート508号室

tel:06-6949-8441

お問い合わせはこちら

生活保護申請サポート

生活保護Q&A

引っ越しのときはどんな費用が支給されるのですか?

住居のない人や、離婚して家を出て行く必要のある人でも生活保護を受けることが可能です。

「(福祉事務所で)住居がないと(生活保護は)受けられない」「離婚して家を出ないと(生活保護は)受けられない」と言われたという相談が相次いでいますが、そんなことはありません。

住居のない人でも、保護の要件に合致すれば、現在居住している公園からでも、ネットカフェからでも、身を寄せている友人宅からでも生活保護を申請することができるのです。

そして、その場合には、「臨時的一般生活費」として以下の費用が支給されることになっています。

布団類 新規購入      18,200円以内

被服            13,400円以内

新生児の寝具・産着等    49,100円以内

家具什器類(暖房器具除く) 43,200円以内

エアコン等         50,000円以内

移送費           必要最小限度の額  

転居する場合や新たに住居を構える場合に荷造費や運搬費を要する時です。

敷金等           家賃額の3ヶ月分以内

権利金、礼金、不動産手数料、火災保険料、保証人のいない場合の保証料の範囲です。

「住宅が確保できないため、親戚、知人宅等に一時的に寄宿していた者が転居する場合」、「離婚(事実婚の解消を含む)により住居を必要とする場合」「高齢者、身体障害者等が扶養義務者の日常的介護を受けるため、扶養義務者の住居の近隣に転居する場合」などが、「転居に際し敷金等を必要とする場合」として規定されています。(『生活保護手帳2015年版』300?301㌻)

生活保護申請をサポートします!!

全国対応・相談無料どこからでもご相談ください。

  • tel:06-6949-8441
  • ホームページからのお問い合わせ