保護費を盗まれたときはもう一度支給されるのですか?

大阪市H区の、生活保護受給者の方から相談がありました。生活保護費が盗難にあい、このままでは生活できないので、担当ケースワーカーに相談すると「自分の不注意だから、保護費は2回も出ない」と言われたそうです。

しかし、生活保護の実施要領では、こうした場合の取扱いも定められています。

局長通知第10?4「扶助費の再支給」「・・・前渡された保護金品又は収入として認定された金品を失った場合で、次のいずれかに該当するときは,失った日以後の当該月の 日数に応じて算定された額の範囲内において、その世帯に必要な額を特別基準の設定があったものとして認定できるものであること。 (1)災害のために前渡保護金品等を流失し,又は紛失した場合(2)盗難、強奪その他不可抗力により前渡保護金品等を失った場合」ということなのです。

この方は「盗難、強奪その他不可抗力により前渡保護金品等を失った場合」に該当し、しかも警察にもきちんと届を出しているのだから、再支給されるべきです。