娘がもうすぐ結婚しますが、世帯は同じになるのですか?

生活保護は「世帯単位の原則」があり、「保護は、世帯を単位としてその要否及び程度を定めるものとする。」ことになっています。(生活保護法第十条)

同一世帯とは、「同一の住居に居住し、生計を一にしている」ことを言います。

しかし、「世帯単位の原則」の原則の例外として、「結婚、転居等のため1年以内において自立し同一世帯に属さないようになると認められるとき」は、その者を世帯分離し、その者以外で生活保護を受けることが可能です。(『生活保護手帳2015年度版』195㌻)

娘さんが、近々結婚して転居する場合は、このケースに当てはまりますので、娘さんを「別世帯」として、娘さん以外の家族で生活保護の要否や保護費の金額が決められることになります。