母だけを世帯分離して生活保護を受けさせることはできますか?

よく、「親の介護費用が大きな負担で生活が苦しい。親だけを世帯分離して生活保護を受けさせたい」という相談を受けます。気持ちはわかりますが、それはできません。

「世帯分離」して住民票の上で「別世帯」にしても、生活保護の上では「同一世帯」とみなされるからです。

「同一の住居に居住し、生計を一にしている者」は「同一世帯員」とみなされるのです。

例外的に病院に入院している場合や介護老人保健施設に入所している場合も、居住を一にはしていなくても原則的に「同一世帯」とみなされます。

こうした場合は、アパートを借りて親と別居するか、施設に入所させる以外に方法はありません。

同じ「介護保険施設」でも「介護老人保健施設」だけは、元の世帯と同一世帯とみなされるので注意が必要です。特養老人ホームは「終の棲家」であるため、「別世帯」とみなされます。サービス高齢者住宅等も「別世帯」になります。

当事務所では、「生活保護受給者受入可能」な、施設の紹介も行っています(無料)ですので、希望される方はご相談下さい。