風呂の設置はできるのか?

今日は生活保護受給中の方から、「お風呂のない家に住んでいるが、風呂は保護費で設置してもらえるのか?」という相談がありました。

風呂が壊れたときは、近隣に公衆浴場がない場合は、補修費の範囲で修理を認めてもいいことになっています。補修費等の住宅維持費は年額12万円です。

しかし新たに設置が出来るのは、「重度の心身障害者、歩行困難な高齢者等が自宅において入浴することが真に必要と認められる場合、又はこれ以外の者が他に適当な入浴の方法がないと認められる場合は、修理の場合と同様、「補修費の範囲で修理を認めてもいい」ことになっています。

その他、便所の設置やシロアリ駆除の費用、網戸の設置費用も支給対象になっています。