生活保護

生活保護
生活に困ったときは誰でも受けることができる生活保護
憲法には「すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する」と書かれています。生活保護はこの憲法に基づく制度ですから、受けることは恥ずかしいことではありません。働いていても、年金をもらっていても、生活に困っている人は等しく受けることができるのです。

外国人の場合は?

外国人の場合は、保護に準ずる扱いをすることになっていますので、生活保護を受けることができます。対象となるのは、永住者、日本人の配偶者等、永住者の配偶者等、定住者、特別永住者、認定難民です。

生活保護を受けることのできる条件
  1. 認められる資産しかもっていないこと 資産の要件
    生活保護法はその利用できる資産を活用しても最低限度の生活を維持できないときに受けることができる制度です。
    それは家もお金も全くない、「一文無し」にならないと受けられないという意味ではありません。

    持ち家があっても保護は受けることが可能です

    実際に生活している土地・家屋については原則保有が認められています。冷蔵庫やクーラー、パソコンも多くの場合保有が認められています。

    現金・預貯金は最低生活費の半月分まで

    保護開始時に最低生活費の5割以下の手持ち金は保有することが認められています。生活保護の申請前に使った金額まで問われることはありません。

    車の保有は例外的に認められます

    車の保有は原則認められていません。しかし、障害者が通勤する場合や、公共交通機関の利用が著しく困難な地域に居住する者等が自動車により通勤する場合には例外的に認められています。
  2. 世帯の収入が最低生活費以下しかないこと 収入の要件
    生活保護は世帯単位で受ける制度です。「3人で暮らしているが私だけ生活保護を受けたい」ということはできません(世帯単位の原則)。また住民票だけ「世帯分離」しても、実際に「ひとつ屋根の下」で暮らしていれば「同一世帯」になってしまいます。
    世帯の収入を全て合わせて、その額が最低生活費以下の場合に、その差額が保護費として支給されるのです。
    最低生活費は、地域によっても家族構成によっても違ってきます。

    以下の表で計算できます(画像をクリックするとPDFが開きます)。

    例えば、東京都区部にお住まいで、70歳の独り暮らしの方なら、生活扶助と住宅扶助を合わせて約13万円程度です。

    こちらのサイトで生活保護の金額を算出できます。
    生活保護の自動計算サイト

  3. 働く能力があっても失業中であれば支給されます
    生活保護は、働く能力があればそれを活用して収入を得て、それでも足らない部分を支給する制度です。
    しかしながら、働く能力があっても「働く意思」と「働く場所」がなければ生活を維持することはできません。当然、失業中の場合は生活保護を受けることが可能です。
  4. 扶養義務は強制ではありません
    親子、兄弟姉妹の間には「扶養義務」があるといわれていますが、これは保護を受ける「条件」ではありません。実際に援助が行われたときに、その金額を収入とみなすということです。
    親や子、兄弟姉妹の収入や資産がいくら沢山あったとしても、実際に援助が行われていなければ、保護を受ける上での障害にはならないのです。
確実に生活保護を受ける方法は?
福祉事務所に「生活保護開始申請書」を郵送しよう

生活保護を受ける条件があれば、確実に生活保護を受ける一番の方法は、「生活保護開始申請書」を市町村の福祉事務所(生活保護の係)に郵送することです。
窓口に行っても、「申請の前に先ず相談を」と言われ、申請用紙さえ渡してもらえないことがほとんどです。申請書の様式も決まっているわけではなく、ワープロでも手書きでも大丈夫です。
申請書が福祉事務所に届いたらその日が「申請日」となり、福祉事務所は14日以内(最長でも30日以内)に生活保護を開始するか却下するかを決めなければなりません。申請が通れば、保護費は申請日に遡って支給されます。

岡行政書士事務所の生活保護申請サポート
相談無料、全国対応
  • 電話・Mailでの相談:無料
     
  • 全国どこの地域でも岡行政書士事務所が代理人として生活保護の申請を行います。いままで1,000件を超える申請を行い、そのほとんどを通してきました。
     
  • 申請料金は、
    代理人として申請書を作成・・・1万円
    申請書の作成及び申請代理・・・5万円
    調査・面談への立会を含む場合・・・10万円+交通費等
    ですが、提携先物件に入居される場合は料金無料の場合もあります。又、分割も可能です。お気軽にご相談下さい。
【入金先】ゆうちょ銀行 普通:四一八店 1168714(オカ アキトシ )
 

生活保護のことならどんなことでもお聞き下さい。

生活保護ここが知りたい
申請依頼はこちら
365日・24時間
相談メール対応
お問い合わせ
電話相談
月~土/10~18時
050-7100-0259